2017年度
6/8

TOKYO INSTITUTE OF TECHNOLOGYStudents' Voiceやる気とチャレンジ精神があれば、東京工業大学は無限に面白い。在学生の声05 皆さんは、電気電子工学と聞いて何を思い浮かべますか?今や、電気電子工学の活躍の場は非常に多岐に渡っています。身の回りに溢れる電子レンジや冷蔵庫などの生活家電、あるいはパソコンやスマートフォンなどの電気製品はもちろん、大電力を扱う発電所や変電・送電設備、リニアモーターカー、さらには光ファイバー通信や音声・画像の信号処理も、電気電子工学の対象に含まれています。 皆さんは、2年次に学科に所属すると、まず電磁気学や電気数学などの基礎を学習し、3年次には各分野に特化した専門科目を選択して学びます。専門科目の講義は、実際にその分野で最先端の研究をされている先生方が担当しており、学問としての価値が高いだけでなく、とても実際的で興味を持つことができる内容になっています。また、講義に平行して学生実験の科目もあり、講義で学んだ現象や性質を実験で確かめることになります。実験題目の中には、半導体の作成プロセスの実習など、高度な設備を持つ東工大ならではのものもあり、とても貴重な経験ができます。 4年次には研究室に所属します。電力、回路、通信、デバイス、電子材料など、多岐に渡る分野から自分がやりたい分野の研究室に配属し、卒業研究を行います。どの研究室も、最新の実験設備を以て日々最先端の研究に励んでいます。今はイメージが沸かないと思いますが、慌てることはありません。学部で学習する間にきっと自分の進みたい道が見つかると思います。 時代の最先端を行く東工大の電気電子工学科で学び、これまで気づかなかった自らの可能性を見つけてみませんか。自分の未来を、工学の未来につなぐ生出珠之助さん Oide Tamanosuke電気電子工学科3年(寄稿時) 電気電子工学は現代社会を支える基板産業です。一言に電気電子工学と言っても、大変幅広い分野にまたがっています。この東工大の電気電子工学科ではその多岐に渡る分野のプロになるための基礎をしっかり学べるカリキュラムになっていると思います。 学科の授業はしっかり2年次に電磁気学や数学的な知識を学んだあと、それを実際の回路や半導体や通信などの問題に活用していく形になっています。どの授業も講義だけでなく、演習中心の授業となっていて自然と内容を身に付けることが出来ると思います。また日々の実験では講義で学んだことを後追いする形で、様々な現象を実際に確かめていくことが出来ます。レポートを書くのは大変ですが、とても有意義な時間でしょう。 また3年時には選択の授業が多く用意されていて、自分の興味がある分野を深く学ぶことが出来ます。 4年次には研究室所属をしますが、学べる分野が幅広いためにどの道に進むか迷うことが多いとは思います。しかし電気系に興味を持ってこの学部に所属したならば、きっと2年間の学部の授業で学ぶうちに自分が学びたいことが見つかると思います。 東工大の学園祭である工大祭でもほとんどの研究室がその最先端の研究の一端を紹介する研究室公開を行なっているので、訪れてみるのはどうでしょうか。 ぜひみなさんも電気電子工学科で学んで自分のやりたいことを見つけてみませんか。電気電子工学科で興味探し早川達也さん Hayakawa Tatsuya電気電子工学科4年(寄稿時)山本晃久さん Yamamoto Akihisa制御システム工学科4年(寄稿時) システム制御工学と聞いて、なにをしているのか、どういう学問なのか、いまいちイメージが湧かない人も多いのではないでしょうか?システム制御工学は、対象とするシステムを意のままに操るための学問です。制御対象は、ロボット、自動車、電化製品、航空機、人工衛星、医療システムはもちろんのこと、社会インフラなど大規模なものや、経済システム、人間社会など多岐に渡るので、自分の興味のある分野にシステムを操るという形で関われるかと思います。 制御システム工学科の魅力は、大きく分けて2つあります。 1つ目は授業です。制御システム工学科は、幅広い知識を学べる座学はもちろんのこと、体験型、実験型の授業も豊富であります。座学では、制御のことだけでなく、プログラミング、熱力、機械機構など、多様な知識を学べる環境があります。体験型授業では、他学科からの参加者もいる程、人気のある「創造設計」の授業があります。これは、実際にロボットを作り、学期の最後に、トーナメント形式で勝負するという授業です。ロボコン大会のようなもので、成績上位者には、海外の学生も参加するIDCロボコンというものに参加できます。自分もこれに参加したのですが、世界の学生と一緒にロボットを作るという貴重な体験ができ、非常に楽しかったです。 2つ目は、いろんな人に出会えることです。制御システム工学科は4類と5類の学生が、所属できる学科なので、4類から来た学生と交流できます。約50名の学科なので、みんなと仲良く楽しくできますし、体験型の授業なので、グループで活動することが多いです。また、留学生も多いです。 最後に、自分は制御システム工学科に入れて非常に良かったと思っています。多方面で活躍できる東工大の制御システム工学科で、楽しい大学生を送ってください!制御システム工学科の魅力

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です